やる気に関してのコラム >

天気が悪い日とやる気

が降っていたり暑すぎたり寒すぎたりする日にはやる気が出ないと感じることはありませんか?

なぜなら、すべての人間は過ごしにくい気象にさらされた時、体内でエネルギーを生命を維持するためだけに消費してしまい、外部へ関わるためのエネルギーが極端に少なくなってしまうからです。

そんな時にどうやってやる気を充実させて、仕事や、トレーニング、人生に対してあなたの熱意を維持できるでしょうか? 過ごしにくい天候でも、それに左右されずにやる気を出す役立つヒントをご紹介します。

雨の日の偏頭痛にはマグネシウム

雨の日にとても嫌な頭痛に襲われたことはないでしょうか?

最近のアメリカの頭痛の研究では、頭痛、特に雨の日の低気圧が影響する偏頭痛の頻度と症状がマグネシウムの摂取により極度に軽減されることが確認されています。

マグネシウムが頭痛を軽減するのにどうして役立つのかのメカニズムはまだはっきりと明らかになっていませんが、頭痛を引き起こしやすい人は、マグネシウムの欠乏状態になりやすいことがわかっています。

そのため逆に言えば、マグネシムを摂取することによりかなりの数の偏頭痛の患者が回復する可能性があることが示唆されています。

マグネシウムの摂取には市販のサプリメントが手軽で便利です。その他には植物の種や豆、海藻、魚介類によく含まれています。

脳に優しい食事について詳しくは「やる気の出る食べ物」のページを御覧ください。

曇りの日には昼白ランプ

突然ですが、パチンコ店の店内の様子は普段パチンコをしない人でも見たことがある人は多いかと思います。

パチンコは依存症を引き起こしてしまうやらない方が良いギャンブルですが、パチンコ店内にはお客にやる気を起こさせる仕組みがたくさん導入されています。 その仕組みを理解して利用すれば、かんたんにやる気を手に入れることができます。

その仕組みの一つが、店内を昼のように明るく照らす「昼白ランプ」です。

昼白ランプは個人でも購入ができます。実際の太陽光と近い光を出すことができるランプです。

これをあなたの作業スペースに設置すれば、曇りや雨の日でも、また、どんなに間取りが悪く採光がないデスクでも、10:00頃から17:00頃までの間ライトをONにするだけで日照時間の不足を補えます

これにより体内時計を適切にリセットでき、いつ活動すればよいか体内に教えることができます。 また、同じ理由で冬場に現れる季節性うつと戦うことにも役に立ちます。

温度は24℃をキープ

ある学術研究論文では人が最もパフォーマンスを発揮してやる気を引き出す気温22℃から26℃ であると発表しています。

論文すべてが正しくないことは自明のことですが、これに反論をする人は少ないです。

温度が22℃よりも低い時は暖房をつけ、26℃よりも高い時は冷房をいれて24℃前後をキープするようにしましょう。

暖房が使えない時はヒートテックなどの化学繊維の下着を複数身につけ、ホッカイロハクキンカイロを付けましょう。

冷房が使えない時は天然素材の服が役に立ちます。日差しを避けてベージュやカーキ色のサファリハットやブーニー帽をかぶり、こまめに水分補給をしましょう。もしできるなら、氷や保冷剤を入れた水を用意して、その中に足を入れて休憩したり、サーキュレータの前に置いて、簡易エアコンをDIYして、いかに暑さをしのいで快適に生活するか試行錯誤をするのも楽しい試みです。


OpenAim(オープンエイム)はゲームデザインを利用して目標へのやる気を引き出すサービスです。

OpenAimを試してみる


みんなのコメント

レベル11
eel

まだまだエアコンが手放せません(>_<)

 9
レベル9
ローウェル伯爵

マグネシウムは心筋梗塞のリスクを減らしたりもするらしいです😳

 8
レベル3
IKA茶IKA

今朝はなんだか寒過ぎ
(๑>◡<๑)…
暖房つけなきゃ位…

 6
ログインするとコメントできます