やる気に関してのコラム >

やる気が出なくなる5つの原因

やる気が出ない原因を疑問に思ったことはないでしょうか?

現代科学では、人のやる気をさまざまな角度から検証しています。


  1. ミラーニューロン
  2. 人生の大きなイベント
  3. 天候
  4. 血流
  5. 記憶

ミラーニューロン

ミラーニューロンは、人間を「似たもの同士」に変化させている神経細胞です。

これは近くに居る人から影響を受けるのはもちろん、映像であったり、文章や音楽からも影響を受ける可能性が指摘されています。

つまり、やる気がある人の近くに居たり、やる気がある人の文章を読んだり、やる気がある人が登場するドラマやアニメを見たり、登場人物が全員成功するようなサクセスストーリー作品に触れていると、あなた自身もやる気が出る可能性が高いです。

また、世界中の成功者の多くはホラーやサスペンスをプライベートで見ないことで知られています。

ネガティブなものに触れると身の回りでもネガティブなことが起こるのを知っているためです。

人生の大きなイベント

新しく転職をしたり、引っ越しをしたり、結婚や出産、定年などの人生の大きなイベントは、やる気の転換点でもあります。

新しい出来事がはじまると、今までのルーチン(習慣)が行えずに、ルーチンを構築するための準備と調整の期間が必要なためです。

ルーチン(習慣)の大切さについては「やる気を出す方法の科学的ガイドのページでご紹介しています。


天候

気温や気圧、日照時間などの気象はやる気に大きく影響を与えます。

過ごしにくい気象にさらされた時は、体内のたくさんのエネルギーを生命活動を維持するために消費するためです。

一般的に室温「24℃」がやる気にもっとも良い温度であることが知られています。

詳細について天候との上手な付き合い方は「天気が悪い日とやる気のページでご紹介しています。


血流

米国医科大学協会の研究では、運動などをして疲労やだるさを感じている時や睡眠不足で眠気を感じている時には、身体に老廃物が溜まり、やる気や作業効率が低下してしまうことがわかっています。

こういった状態の時には、ストレッチが有効で、同時に低血圧の治療にも役立ちます


記憶

過去の嫌な思い出をそのままにしておくと、やる気がでなくなる原因となります。

やる気を無くさせる記憶をふいに思い出してしまうときは、そのままにするのではなく意図的に2分間だけ別の事をして、頭から掃除をするようにすると健康的でいられます。

また、世界大学ランキング上位カーネギーメロン大学博士で、認知科学の第一人者である苫米地英人は、この動画でいやな記憶を掃除してしまう「アナログテレビ(白黒テレビ)メソッド」を紹介しています。

「先ず、浮かび上がった嫌な記憶三次元立体のカラーでリアリティがあるため、頭の中でテレビを見るように二次元平面にして、つまみをいじるように、その記憶を白黒化してみる。」

「さらに、そのテレビにはツマミがあり、回すと色が淡くなってくる。だからその嫌な記憶をツマミで淡くする。もう1つのツマミを回すと画面が小さくなって端っこに移動してしまう。」

「嫌な記憶を思い出したときは平面にして、白黒にして、淡くして、隅っこに移動させて、ポイっとすてる。これを繰り返すと嫌な記憶を忘れることができる。」

この「アナログテレビ(白黒テレビ)メソッド」は非常に効果的な方法なのでぜひ試してみてください。

目標を見やすくする

ここまで読んで「目標になにかを追加する」というボタンが気になった方もいるかと思います。

目標をリスト化することで、一日の大事な予定を忘れることなく効率よくこなすことが可能になります。

また、成功者の多くが、一日の目標をリストにして管理していることは有名です。

今日一日のやりたいことをリスト化してそこからやっていくようにすると、すぐやった方が良い目標が見えてくるようになります。

「やる気を維持する」目標のリスト化

今日までに41,383の目標入力されました

OpenAimに今参加しましょう。


サインアップ


やる気に関してのコラム