やる気に関してのコラム >

やる気とうつ

「やる気を出す方法の科学的ガイド」はコチラの別ページに移動しました。

ひとのやる気が出ている状態は、絶妙なバランスの上で成り立っている奇跡に近い状態です。

ひとのやる気には大きく分けて二種類が必要になり、1.良好な体内環境2.良好な外部環境との関わりの両方が必要になります。

やる気のある人の体内では、まず、十分な睡眠と食事と運動が取れていて一通りの機能で健全なが身体の全体を統括して、一通りの機能で健全な内臓が全て異常なく動作している上に、周囲には同じように奇跡的にやる気のある仲間が居て、似たような夢や目標を共有しているために、良い事が連鎖しながら連続して起きている状態です。

上記のうち、一つでも欠けているものがあると、歯車が一つ取れてしまった時計のように、すべてがうまく動かなくなってしまい、うつの状態となります。

また、逆に言うと、この二つの要素が揃うことで、自分のことを最高の存在だと信じることができるようになり、どんな問題が現れても思い通りにすることができます。

このページではやる気の出ている奇跡的な状態を引き出して、それを維持してうつにならないようにする方法をご紹介致します。


  1. やる気を引き出す脳
  2. やる気を引き出す身体
  3. やる気を引き出す仲間
  4. やる気を引き出す目標
  5. 最後に一番大切なこと

やる気を引き出す脳


睡眠

やる気を引き出し、それを維持していくには十分で質の良い睡眠が不可欠です。

米国医科大学協会の研究では睡眠不足のときにはやる気低下してしまうことがわかっています。

また、米国立睡眠財団によると、人に最適な睡眠時間は7~9時間と幅があるとしています。その人に一番最適な睡眠時間を知るには、眠くなった時に寝て目覚まし時計を掛けずに自然に起きた時間を図る方法があります。

その際は、以下のものが睡眠を妨げる原因となるため、睡眠のおよそ8時間前(0時に寝るなら午後4時)頃から摂取しない方が良いです。

  • カフェイン ・・・ コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶など
  • アルコール ・・・ 酒類、ビール、ワイン、焼酎など
  • ニコチン ・・・ 紙巻タバコ、加熱式タバコ、パイプタバコ、葉巻、噛みタバコ、かぎタバコなど
  • 高カロリーな食事や、スパイシーな料理 ・・・ ラーメン、焼肉、唐揚げ、天ぷら、とんかつ、カレーなど

眠気と戦う具体的な方法に関しては、「やる気と眠気」のページも御覧ください。

食事

やる気を出し、それを維持していくには十分な量の質の良い食事も不可欠です。

できるだけ多種多様な食品を食べてバランスよく栄養を取ることと、食べ物の中には、低GI食品と呼ばれる、食べても血糖値をあまり変動させず、やる気を出やすくする食品があります。

逆に、食べると血糖値を大きく変動させてしまうものがあり、これは、高GI食品と呼ばれ、身体をエネルギーが行き渡らない低血糖の状態にしてしまい、やる気を失わせる効果があります。

低GI食品を選ぶ際は、以下を参考に食べるものを選んでください。

    ・ご飯なら、白米よりも玄米

    ・パンなら、小麦よりも全粒粉パンライ麦パン

    ・お菓子には、クッキーやドーナツよりも、フルーツやヨーグルト

    魚介と肉・乳製品はすべて低GI

これらの事を覚えておくと、より多くのやる気の出る低GI食品を選択することができます。

また、基本的にはお腹一杯に食べると消化に余計に時間がかかり、カロリーの取りすぎとなる可能性が高いので、少し物足りないくらいが最適です。

やる気の出る食べ物に関しては、「やる気の出る食べ物」のページも御覧ください。

効果的で誰でもできるダイエットに関しては、「やる気とダイエット」のページも御覧ください。

エクササイズ(運動)

運動する気があるならうつにならないよ」と思うかもしれませんが、実は、仰る通りです。

運動するからやる気が出るのかやる気があるから運動するのかは、因果性のジレンマの問題になってしまいますが、要約すると、やる気にはエクササイズ(運動)が必要不可欠です。

ハーバード大学医学部によると、1日に最適な運動量は、ウォーキングなどの適度な運動を30分、またはランニングなどの激しい運動を15分です。

実際に、運動は以下のような病気や疾患に効果があることが同医学部の研究により明らかになっています。特に、うつに対しては効果的で、ウォーキングなどの運動は抗うつ薬に匹敵する効果があると言われています。

  • うつ病 ・・・ 大うつ病、気分変調症、季節性情動障害含む抑うつ障害全般
  • 認知症 ・・・ 記憶喪失含む
  • 心臓発作
  • 結腸癌および乳癌
  • 脳卒中 ・・・ 虚血性脳卒中、出血性脳卒中、一過性脳虚血発作含む
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 骨粗鬆症および骨折

運動の効果は、ストレス解消になり、行動的な性格を身につけることや体内リズムを正常に保つほかにダイエットにも役に立ちます

また、健康に関するDIYに関しては、「やる気とDIY」のページも御覧ください。


やる気を引き出す身体


少ない脂肪

体内に脂肪が多くあり太っている状態は高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心臓病、心不全、腎不全、糖尿病などの成人病を誘発することで健康リスクを飛躍的に高めます

また、太っていると、脂肪によって体温が下がりにくくなるために汗を多くかいて、皮膚に病原菌が繁殖しやすくなるのと、それに伴い、きつい体臭が発生しやすくなり、健康とやる気を脅かします。さらに、これらの事実から太っている人は自分のことを嫌いになる傾向が高くなり、太っているメリットはほとんどありません

自分が太っていると感じている人は今すぐに何かしらの痩せる手段を講じて脂肪を減らした方が良いです。

効果的で誰でもできるダイエットに関しては、「やる気とダイエット」のページも御覧ください。

多い筋肉

全盛期のマイク・タイソンを見て、彼の素行がどんなに悪くても、邪魔をしようとする人はほとんど居ませんでした。盛り上がった力強い筋肉には他人を協力的にする無言の圧力があり、物事をスムーズに進められるようになる効果があります。

また、筋肉が多いと、自分のことを好きになる傾向が高くなり、簡単にやる気が出やすくなります。

筋トレを含む運動の効果は、ストレス解消になり、行動的な性格を身につけることや体内リズムを正常に保つほかにダイエットにも役に立ちます

口内ケア

消化器官の一部である口内環境を整えることは体内の健康を支え、健康であることから生じるやる気を維持するために欠かせない要素です。

人体は寒暖の変化や、潜在的に有害な微生物に絶えずさらされており、特に外界の食べ物と接する機会の多い口内は破壊や汚染のリスクが高くなります。

適切な口内環境が整っていないと、歯茎から出血したり、きつい口臭が発生して健康とやる気を脅かす原因となります。

口内を健康に保つために、以下の3点を試してみてください。

    ・何か食べた時朝起きた時に歯ブラシする

    糸ようじ(デンタルフロス)で歯の間を掃除する

    マウスウォッシュですすぐ

健康に挑戦をするDIYに関しては、「やる気とDIY」のページも御覧ください。

肌ケア

外皮系感覚器である肌を整えることも体内の健康を下支えし、それによって生じるやる気を維持するために欠かせない要素です。

人体は寒暖の変化や、潜在的に有害な微生物に絶えずさらされており、特に外界と接する肌は破壊や汚染のリスクが高くなります。

適切な肌環境が整っていないと、肌荒れから出血したり、きつい体臭が発生して健康とやる気を脅かします。

その際は、以下の3点を思い出してください。

    短時間のシャワーは、長時間お風呂につかるのと効果はほぼ同じ

    ・シャワーの後は肌が乾燥しやすくなるため、気になる部分には乾燥予防の保湿クリームを塗る

    ・肌がかゆい、穴が開く、盛り上がる、色が違う(黒ずんでいる、黄色い等)、異臭がする、血が出る等の肌トラブル医療機関の診察を受けたり、適切な処置をすることで完治する

健康に挑戦をするDIYに関しては、「やる気とDIY」のページも御覧ください。


やる気を引き出す仲間


ミラーニューロン

やる気やる気のある仲間がいると出やすくなります

これは、人の脳内では、自らが行動する時と、他の人が行動するのを見ている状態の、両方で活動する神経細胞であるミラーニューロンの存在が確認されているからです。

このミラーニューロンは、人を「似たもの同士」に変化させている可能性が高いとされています。

つまり、最初はやる気が無い人でも、やる気がある人と関わるとその影響を受けます

また、ミラーニューロンは映像音声文章からでも反応する可能性が高いとされています。

やる気のある人の映っている映像音声、書いた文章に触れると影響を受ける可能性があります。

また、逆に言うと、やる気がない人と一緒に居たりやる気がない人が登場するドラマやアニメを見たり人物が次々と死ぬような作品に触れていると、あなた自身もやる気が出なくなってしまう可能性が高いです。

ゴルディロックスルール

人はちょうどその人より能力が少し上くらいの具体的な目標となる相手が居ると成長しやすくなります。

どんな物語でも主人公と実力が同じか少し上くらいのライバルが存在して、そのライバルよりも負けないように向上を目指すことで主人公はより良くなります。

あなたの人生の主人公はあなたなので、少し能力が上くらいの相手を見つけて目標にすると効率的に能力を向上させることができます。

人生の目的は良い人間関係を築くこと

ハーバード成人発達研究室 (Harvard Study of Adult Development)」では、ひとの一生の期間に匹敵する75年の長期に渡り、724人の男性を追跡し、仕事や家庭生活、健康などを観察・記録し、その結果、この世界最高の研究施設は「人生を健康で幸福たらしめるのは、良い人間関係だ」と結論を出しました。

つまり、人生の目的は良い仲間をつくることであり、良い仲間が居る人生は良い人生です。

言い換えると、やる気に満ちた充実した人生には良い仲間が重要です。


やる気を引き出す目標


どんなことでも目標があるとないのではやる気に大きく関わってきます。

正確に言うと、ゴール(目標)を考えてから何かを行う事で、それを実際に終えた時に達成感が得られます

逆に、ゴールを考えずに何かを行っても残るものはありません。

何もないよりも、達成感を得られた方がずいぶん得なので、どんなささいな物事にも目標を持った方が終わった時に得をすることができます

また、昨日の自分よりも何か一つ良くなっていると、「成長の実感」も得られるようになります。

このOpenAimは昨日の自分より何か一つ良くなれる「今日の目標」を立てるためのサービスです。


最後に一番大切なこと


最初に、やる気を引き出すのに一番大切なことはあなた自信があなたを「最高の存在だと思うこと」です。

これらのお話はすべて、あなた自身が「あなたを最高の存在だと思える」ようにする準備に過ぎません。

あなたが前向きなセルフイメージを持つようになると、全てが円滑に思い通りに進められるようになります。

そのためには、ネガティブなことを言う人や嫌いなものやマイナスのイメージを持つものは全く必要ありません

あなたが本当に好きだと思える事をして好きだと思えるものを集めてください。

OpenAim(オープンエイム)はゲームデザインを利用して目標へのやる気を引き出すサービスです。

OpenAimを試してみる


みんなのコメント

レベル12
eel

なんかこれ全部やったらやる気出る気がする

 26
レベル15
michina

やる気を出す方法。それは「行動すること」にあります。やる気というのは、内側から自然に湧き出てくるものではないです。行動して初めてやる気は湧いてくるものです。だから1分でもいいから何かやること。それが大事。

 18
レベル12
ローウェル伯爵

やりたいことを習慣にするといいのね

 21
レベル7
Elisa

やる気になった時にすればいいねん*ˊᵕˋ*

 11
ログインするとコメントできます