やる気に関してのコラム >

やる気スイッチの入れ方

やる気スイッチの正体

2017年2月に日本の慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室がやる気の原因となる脳内の部位を特定しました。

この研究では、線条体腹外側という脳の細胞が障害を受けると意欲がなくなることと、この細胞集団が健康でないと意欲を維持できないこと明確に示しました。

やる気スイッチの入れ方

この事を利用して、脳を騙すことでやる気を出すことができる強力な方法をご紹介致します。

あなたが好きなことをやり始める瞬間のことを思い出してください。

いろいろなことがきっかけとなって、自分が好きなことをやっている姿を想像してしまい、モヤモヤとそのやる気が出て来て、ついに耐えきれなくなって、その好きな事をやりはじめてしまう事が多いはずです。

これはあなたがやりたい事にも応用ができます。

勉強したい時は、勉強をしている自分の姿を想像する。」

一度目をつむって、あなたが勉強したい本のタイトルを開いて、机に向かって読み進ていると、知らなかった新しい事実を発見して驚いている姿を想像してみてください

脳は、実際のことと区別がつかず、線条体から、やる気の元となるドーパミンという脳内物質を放出します。

これで、実際に好きな事を始める時のようにスムーズに始められるはずです。

「やる気スイッチ」の誤解と真実

そして、ジェームズ・クリア氏の「やる気に関しての科学的ガイドにはこんな記述があります。

私たちは、やる気に関して講演を聞いたり、映画を観たり、本を読んだりした結果、いわゆる「やる気スイッチ」が入ってやる気が出るという誤解があります。

しかし、行動することそれ自体の方がはるかに強力なやる気をもたらします。

やる気についての驚くべきことの一つは、最初はやる気がなくても、新しい行動を開始したとたんにどんどん出てくるということです。

やる気は行動の結果であり、原因ではありません。

小さな事からやり始めても、自然と勢いを作り出して活発なやる気となります。 運動中の物体は動く傾向があります。いったん作業が始まったら、それを前進させ続けるほうが簡単です。いったん行動を始めると、あなたは多くのやる気を必要としません。 作業開始の時の苦労がほぼすべてです。 始めると、最初より自然に進行します。言い換えれば、最初にタスクを開始するよりもタスクを完了する方が簡単です。

したがって、やる気の鍵の一つは最初をかんたんに始めてしまうことです。

また、「やる気スイッチ」をキャッチコピーにしているイベントは、そのほとんどがあまり効果のないものです。

やりたい事を「している自分の姿を想像する」方が簡単ですし、はるかに効果的です。


OpenAim(オープンエイム)はゲームデザインを利用して目標へのやる気を引き出すサービスです。

OpenAimを試してみる


みんなのコメント

レベル9
michina

とにかく「始めてみる」ことが肝心。作業に取り掛かることで自然と集中モードへシフトする。これは「作業興奮」と呼ばれる現象。無意識的な行為を統括する線条体が働き始め、ここがドーパミンの「快」の刺激を受け、興奮すると、「おっ、やってみると意外に面白いじゃん」となってくる。

 5
レベル5
matsubo

走ってる時は軽快でも走り出しが一番大変ですからね。万事に言えること🍀

 7
レベル9
ローウェル伯爵

なるほど「している自分の姿を想像する」か😤😤😤

 2
ログインするとコメントできます